未だネットビジネスにおいて転売が人気である理由ですが、一つはメルカリなどの他アマゾンのような大手通販サイトが商品の高額転売を禁止せず、むしろ推奨している動きがあるが故人気があるコンテンツとなっています。まず、転売には2つの種類があり一つは生産品を買い占めることで成立する転売、もう一つはすでに生産が終了した商品を転売することで収入を得る手法です。

前者は、商品を販売及び製造している会社からクレームが来て出品を取り下げなくてはならなくなる可能性がありますが、後者の既に商品が製造中止している分の転売については製造している会社や販売している会社自体が既に存在しない場合もあり、訴え出る企業が存在しないが故転売者は自由に値段設定をして自由に商品を販売することが出来ます。

つまり、前者は認められない転売ビジネスになる可能性がありますが、後者はすでに販売及び製造している会社が無いが故企業の不利益を作らないが故ビジネスが成立し安全にビジネスが成り立つというわけです。

しかしながら、ネット転売ビジネス自体の評判については残念ながらあまり良い評判であるとは言えません。何故なら、商品価格の10倍を超える価格帯でも商品がトレードされており、商品の数が少ないものについては値段がいくらでも増加するため買い占めることでも同様にビジネスが成立し、転売を行う物の影響で本来商品を購入する方が購入できない状況下に陥り転売を行っている物から購入しなければならないという悪循環を生むという口コミも多いです。

また、酷い物ですと商品詐欺を行う転売者もおり異なる商品を第3者に売買し、その責任を取ることなく逃げるという人物すらいます。ですが、これら問題を含んでいてもビジネスは成立します。その理由はそれでも商品を欲している人がいるためビジネスが成り立つのです。

その上で転売ビジネスの今後についてですが、メルカリやアマゾンが転売と言う行為を認めている上でその他ネット通販会社でも転売の存在が認められていることを見ると転売者は増加すると思われますが、それと同時に売買成功率において競争が激化すると判断します。

高額商品であっても値下げを必要とする可能性が生まれるという意味で、高額な商品の転売ビジネスはさらにシビア二か国になると判断されます。それらを含めて利益を得ることが出来る可能性がありますので今後においても転売ビジネスは人気がある産業の一つとなると判断します。